ニシム-3 of NPOイスパレ

NPO法人大本イスラエル・パレスチナ平和研究所
Oomoto Peace Institute for Israel and Palestine
「イスラエル・パレスチナ紛争」を中心に世界の紛争を学び平和に貢献する具体的活動の実践を目指します!

Miroku festival guest to register an ambassador lecture in Israel

 First, on behalf of the state of Israel I would like to express our condolences and prayers for the victims of the great east Japan earthquake . I would also like to express our support and solidarity with everyone in Japan, because this is one of those catastrophic events that touch everyone in some way.

It is a great pleasure and honor to be here at Oomoto again. I have had contact with your organization since I first arrived in Japan. And now I have been to three of your grand festivals.

Soon after I took up my post as Israeli ambassador to Japan in 2008, my wife, Carmela, and I came to Ayabe for the Setsubun Festival. In 2009, I attended the Autumn Grand Festival (Kaiso Taisai). Now, we are back for the Spring Grand Festival (Miroku Taisai). Like the previous two occasions, we thoroughly enjoyed the pageantry of today’s ritual.

I also wrote a tanka poem for peace that was included in Oomoto’s Tokyo Poetry Festival in the spring of 2008. Last year I helped Oomoto secure a poem from the Israeli ambassador to Brazil, Giora Becher, which was included in the two Brazilian Poetry Festivals held in October. And last July, I came to Ayabe to deliver a speech when the Israeli and Palestinian students were guests of the City of Ayabe with assistance from Oomoto.

This contact with Oomoto has enriched my experience in Japan, and I will always have fond memories of these events. I respect Oomoto’s efforts to foster interreligious and cross-cultural dialogue and your commitment to understanding the Middle East situation and to pray and work for peace there.

Right after the earthquake and tsunami, countries all over the world, including Israel, not only expressed condolences and deep sympathy for the victims of the catastrophe, but stressed their solidarity with Japan during this tragic period.

I am sure you know the story of Chiune Sugihara, or at least have heard his name. In 1940, Sugihara was the Japanese consul general to Lithuania who helped save at least 6,000 Lithuanian Jews from the hands of the Nazis by getting them transit visas to Japan.

We can never fully repay that debt, but many Jewish people say the opportunity to help Japan honors the memory of Chiune Sugihara, and is the right thing to do. The Japanese community helped Jews in our time of need, and now we can help the Japanese in their time of need.

Within an hour after he heard the news of the earthquake and tsunami, the Israeli prime minister, Binyamin Netanyahu, made a phone call to the Japanese government to offer Israel’s support
Although Israel offered aid on the first day of the disaster, it took some time for Japan to accept the offer.

Israel flew a shipment of clothing to Japan on March 26. It included 10,000 coats, 6,000 blankets, 8,000 pairs of gloves, and 150 portable toilets. It was about 18 tons of supplies in all. This effort was organized by our Ministry of Foreign Affairs, the Ministry of Defense, and the Home Front Command.

Our Ministry of Foreign Affairs worked with the Japanese authorities to determine a list of the most necessary items. The Japanese authorities noted that Israel was one of the first countries to provide aid in accordance with their requirements.

While other countries sent planeloads of equipment, they did not consult with the Japanese regarding requirements. The Japanese also noted Israeli efficiency and flexibility in determining the list of items shipped to Japan.

Israel also sent a medical team and field hospital to the disaster zone. One condition was that the medical team would function independently without logistical help from Japanese authorities, who had to deal with many other problems.

The team had 55 members, including 14 doctors, 7 nurses, and 9 medical logistics professionals, X-ray technicians, and lab experts. The team established a medical clinic geared to handle the casualties and refugees concentrated in the region. They returned to Israel in mid-April but left all the equipment for Japan’s continued use.

This is the first time that Japan has accepted help in an emergency from doctors who have no certificate to work in Japan. The Israeli doctors were very happy that they could help the Japanese doctors during this difficult time.

I want to tell a story some of you heard in my lecture last night. I think it is worth repeating.

As many people know, Israel and Iran are not on good terms with each other.

After the disaster, there was another Israeli volunteer group that found themselves in the unusual situation of working alongside humanitarian workers from Iran to distribute food in a town in northeast Japan.

The Israelis had been looking for survivors in collapsed buildings. When their mission ended, they stayed on to help with food distribution. Only after they had been working for a while did they notice the Iranian flag flying over the food station. After some initial embarrassment on both sides, they put their political views aside to carry out their shared humanitarian effort.

Because of the disaster in Japan, these Israeli and Iranian volunteers worked together. I do not know if they talked very much, but at least they were together working on the same project. This was really nice.


I am convinced that Japan will recover from this difficult situation sooner than we estimate. The rebuilding of Japan after World War II was a miracle, and let us not forget the way that Oomoto also rebuilt itself from nothing after the end of the second persecution.

Japan will recover from this current disaster because the Japanese people are hardworking and determined to recover as quickly as possible, and because the whole world, including Israel, wants to help in any way possible.

There is now this feeling of self-control all over Japan, what you call “jisyuku.” Because Japanese want to share this tragedy with those who are suffering they tend to refrain from any kind of amusements, from going out to drink or eating out, and even refrain from shopping.

ワインバザー.jpgToday I brought 100 bottles of Israeli wine. I am sorry that 100 is not enough for all of you, but as soon as I finish this speech, Carmela and I will go outside the shrine to sell this wine and the money will go to earthquake relief fund.
So please forget about Jisyuku for a few minutes, and have some Israeli wine to enjoy, and to help the people in Tohoku.

Thank you very much.

イスラエル大使講演 みろく大祭来賓挨拶(2011.5.5)

訳:木村且哉

 大本の皆さま、こんにちは。 
 初めにイスラエルを代表致しまして、東日本大震災で被災された皆さまに心からの哀悼の意を表しますとともに、一日も早い復興をお祈りしています。
 日本の皆さまと連携して協力をさせていただきたく思っています。この大災害で心を動かされない人はおりません。

 さて、再び大本に来させていただき大変光栄に嬉しく思っています。大本さまとは私が初めて日本に赴任して以来ずっと交流をさせていただいております。そして今日もこうして大祭に参拝させていただいております。

 2008年に駐日イスラエル大使として来日してすぐに、私は大本節分大祭に参拝させていただくために妻のカルメーラとともに綾部に参りました。2009年には秋の大本開祖大祭に参拝致しました。そして今、春の大祭、みろく大祭に参拝させていただいております。以前の二つの大祭もそうでしたが、本日も祭典のすばらしさを、心から楽しんでおりました。


 私はまた、2008年春に開催された東京大本歌祭で、平和を祈る献詠歌を書きました。昨年の10月にブラジルで開催された二つの大本歌祭へ、ブラジルのジオラ・ベッチャー イスラエル大使から献詠歌を出してもらえるようにお手伝いもさせていただきました。また、昨年の7月には、大本の協賛で開催された綾部中東和平プロジェクトでイスラエルとパレスチナの生徒たちが招かれたおりにも、ご挨拶をさせていただきました。


 大本さまとの交流によって、私の日本での体験がより豊かなものとなっています。参加させていただいた全ての行事がすばらしい思い出となっています。
 皆さまがなさっている宗際化の促進、文化交流活動、中東情勢を理解するためのご活動、中東和平達成に向けてのお祈りに対し、私は心から敬意を表します。

 今回の地震と津波の直後に、イスラエルを含む世界中の国々が、大災害の被害者に哀悼の意と深い同情の気持ちを表しただけではなく日本との連帯を強調しています。



 皆さまは杉原杉原千畝のストーリーご存じのことと思います、少なくとも彼の名前をお聞きになったことがあるでしょう。1940年、リトアニアの総領事だった杉原千畝は、少なくとも6000名のリトアニア在住のユダヤ人に日本への立ち入りを可能にするビザを発行してナチスの魔の手から命を救いました。

 私たちはその恩に完全にむくいることはできませんが、多くユダヤ人が今こそが杉原杉原千畝への敬意を表すべく、日本の助ける時であると言っています。ユダヤ人が助けを必要とする時に日本の皆さまは手を差しのべていただきました、そして今度は私たちユダヤ人が日本に手を差し伸べる時なのです。

 イスラエル首相のビンジャミン・ネタニヤフ氏は大震災のニュースの一報を聞いた後、一時間も経たないうちに、日本政府に援助の申し出の電話を入れました。ただ大震災の初日に救援を申し出たにもかかわらず、日本政府が申し出を受け入れるのに数日がかかりました。



 3月26日にイスラエルは援助物資を載せた飛行機を日本に飛ばしました。コート1万着、毛布6千枚、手袋8千、簡易トイレ150個です。総重量が18トンとなりました。この援助活動はイスラエル外務省、防衛省、イスラエルの民間防衛軍によって行われました。



 イスラエル外務省は日本政府と協議をし、もっとも必要な援助物資のリストを作成しました。要望に応じた支援を最も早い段階で行った国の一つであると日本政府はイスラエルを評価しています。



 他の国々も物資を載せて飛行機でかけつけましたが、日本政府が何を必要としているのかを協議していませんでした。そういうことからも、イスラエルは効果的に柔軟な対応をした国であると評価されています。

 イスラエルはまた、被災地の南三陸町に医療チームを派遣し、診療所を開設しました。その際に日本政府から出された条件は、様々な問題を抱えているために、補給運搬などの援助は出来ないので、イスラエル独自で行って欲しいということでした。


 医療団は55名で、14名の医師と、7名の看護士、X線技師など9名の医療技術師を含んでいます。医療団は簡易診療所を開設して死傷者の収容にあたり、その地域の多くの被災者が集中しました。医療チームは4月中旬に帰国しましたが、その際、全ての医療器具と簡易診療所を日本に寄付しました。



 今回の医療チームは、日本での免許のない医師たちの救援活動を受け入れた初めてのケースでした。イスラエルの医師たちは、この困難な時期に日本人医師の助けができたことをとても喜んでいました。


 昨夜の松香館での私の講演でもお話ししましたが、ここで改めて申し上げたいストーリーがあります。これは繰り返しお話しすべきものと思っています。
 多くの皆さまがご存じのように、イスラエルとイランは互いに良い関係を持っているわけではありません。
 さて、震災後、あるイスラエルのボランティアグループが来日しました。そして、被災地で別の国から来た人道援助団体と協力して食料配布活動を行ったのでした。


 はじめ、イスラエルのグループは崩壊した建物に生存者がいないか捜索活動をしていました。その活動が終わった後、別の海外グループと食料配布活動に移りました。配布活動をしばらく続けた後、活動拠点の食料基地に戻りますと、なんとそこにはイランの国旗が掲げてあることに、その時になって気づいたのでした。お互いに持っている心のもつれを脇において、お互いの政治的問題を脇において、人道援助のために互いに協力したのです。

 つまり日本での大震災の援助活動によって、イスラエルとイランのボランティアグループは互いに協力して活動したのです。
 彼らが言葉を交わしたかどうかは分かりませんが、少なくとも彼らは同じ目的のために協力したのです。このことは本当にすばらしいことです。

 私たちが思っているよりも早く、日本はこの震災から復興されることを信じています。
 日本の戦後復興は奇跡的なものでした。そしてまた大本もまた第二次大本事件のあと、何もないところから再発足されたことも忘れてはいけません。


 日本は今回の大震災から必ず復興するでしょう。日本人は働きものですから、こうと決めれば、その目標に向かって努力をなさいます。
 イスラエルを含む世界全体が可能な限りの援助を希望しています。


 今、日本中に自制心があふれています、皆さまは〝自粛〟とおっしゃっていますね。日本人は被災に遭われた人たちと悲しみを共有したいと思っておられますので、遊びを控える傾向があります。外に飲みに出かけるとか、食べに出かけるとか、買い物でさえも控えています。

 私は本日、大本の活動を応援させていただきたく、イスラエルワイン100本をお持ちしました。100本ではご参拝の全ての皆さまにお買い上げいただくことができないのが残念ですが。
 私のスピーチが終わり次第、私は長生殿の外に出まして、ワインを販売いたします。売り上げは救援金として寄付させていただきます。




 ですから今日は〝自粛〟という言葉を忘れていただき、イスラエルワインを楽しんでいただきたく思います。それが東北の皆さまへの援助となるのです。

 本日はまことにありがとうございました。



誰にでも分かるパレスチナ問題

1    パレスチナ戦争、何が問題なのか?」
2    パレスチナ紛争はここ100年の問題」
3   「ユダヤ人とは?」
4   「2枚舌? 3枚舌」
5    「国連分割案(1947年)
6    「イスラエルの建国とパレスチナ難民」
7    「アラブ民族主義の台頭、そして英仏植民地主義の終焉へ
8      PLO(パレスチナ解放機構)設立と6日戦争
9    「第4次中東戦争」
10  「キャプデービット合意」
11  「インティファーダー(民衆蜂起)」
12  「湾岸戦争とパレスチナリンゲージ」
13  「オスロ合意からラビン首相暗殺まで」
14  「イスラエル極右勢力とパレスチナ過激派」
15  「ユダヤ人が2人いれば政党が3つできる」
16  「綾部市、エルサレム市友好都市宣言」/「エルサレムで『平和祈願祭』
17  「指導者の決断」
18   神は死んだ。パレスチナ問題の複雑さに悩んで!
19  「9.11」
20  「綾部市長の英断」
21  「走りながら勉強を!走りながら準備を!」
22  「絶望はおろか者の結論」
23  「分離壁そしてアラファトの死」
24  「次の世代には・・・/川をこえる橋
25  「大本、ユダヤ教の婚礼」
26  「ガザ撤退」
27  「想定外は想定内」
28  「圧力と譲歩」
29   イラナ・ジンガー博士からのメール
30   亀岡プロジェクト1
31   亀岡プロジェクト2
32   亀岡プロジェクト3
33   亀岡プロジェクト4
34   亀岡プロジェクト5
35   ジュベル・ムーサ(モーザ山)/パレスチナ人から見た中東和平への展望
36   大本大祭、大本歌祭へ
37   米国の役割、日本のアプローチ
38   亀岡プロジェクト 最後の締めくくり
39   建設的あいまいさ
40   よりよい世界をめざして
41   改めてパレスチナ問題の基礎から
42   亀岡平和祈念式典へのメッセージ
43   イスラエル軍によるシリア空爆
44   イスラエルロビーとパレスチナ和平1
45   イスラエルロビーとパレスチナ和平2
46   イスラエルロビーとパレスチナ和平3
47   ヨルダンハシミテ王国1
48   ヨルダンハシミテ王国2
49   ヨルダンハシミテ王国3
50   シリア1
51   シリア2
52   東京大本歌祭
53   マドリード世界対話会議/サミールナウリ ヨルダン大使講演
54   ハイム ホシェイン公使
55   イスラエルトパレスチナ?
56   敵の敵は味方?
57   イスラエル右派政権誕生・・・・和平へのプライオリティー
58   イスラエル政府の行動に疑問を投げかけるユダヤ人
59   ユダヤ人であることとイスラエルを否定することは矛盾しない
60   ユダヤ教、キリスト教、イスラム教1
61   ユダヤ人はなぜ迫害去れてきたのか?
62   ユダヤ人迫害の歴史を通して考える
63   預言者を通してユダヤ教、キリスト教、イスラム教を考える
64   安息日を通して通してユダヤ教、キリスト教、イスラム教を考える
65   聖地を通してユダヤ教、キリスト教、イスラム教を考える
66   一神教と多神教

誰にでも分かるチベット問題

誰にでも分かる世界の紛争

サダト大統領暗殺30年のよせて

Bill Roberts

講演録