モンゴル便り1 of aizenkai



Universal love and brotherhood association II ENGLISH II JAPANESE

HOME > コラム > モンゴルコラム > モンゴル便りmacuda > モンゴル便り1

★モンゴルだより

その1 1250キロの旅


山田 歌男

kodomotachi2.jpg12月23日から始まったモンゴル西部への旅も終わり、ウランバートルに帰ってきました。  

 2泊3日、全行程1250キロのハードな旅でしたが、いくつかの小学校で素晴らしい出会いと心温まる歓待を受け、疲れを忘れさせてくれます。

 出発前に山崎さんから引き継ぎを受けた「モンゴル風邪」と、バギーさんが中国から持ち帰った「中国風邪」の洗礼を受け、熱とのどの痛みをこらえながらの旅でしたが、なんとか当初の目的を終えることが出来ました。

tabinotochu.jpg 今回は、青松会が送ってくれました文房具、ノート9箱1620冊 鉛筆7箱 5040本、ケシゴム約200個、封筒1500枚を、ワゴン車に積んで、バギーさん、案内役のガンオチル夫妻、ドライバーのバギーさん(アンハーさんの弟)と私の5人で、23日午前7時過ぎに出発しました。

 果てしない大草原を時速80キロでぶっ飛ばし、車の天井に頭をぶつけながら、モンゴルの西部地方を目指しました。外気温はマイナス10~20度、大草原の中ですれ違う車もありませんから、エンジントラブルを起こしたら命の保証はありません。しかしモンゴルの人たちは全然平気で、冗談を言い笑いながら旅を続けています。

 夕方に、ウランバートルから西方約500キロにあるウブルハンガ県のメルゲド小学校に到着、約200人分の文房具をプレゼントしました。

nihongosensei.jpgこの小学校は、1998年に創立、小学2年から中学11年生約650人が学んでおり、外国語教育として日本語教育を行っており、各教室で「こんにちわ」「お元気ですか」 「ありがとうございました」と日本語で挨拶を受けました。
 日本語の先生は、東京外語大学に2年間留学した女性教師で、とても流暢な日本語で案内をしてくれました。

demukaekodomo.jpg 日が暮れてから、近くの第一小中学校を訪ねました。ここは150人の先生と3,500人の生徒が在籍するマンモス校です。学校のキャパが1,200席しかないため、子どもたちは1日三交代で勉強に来ます。

 私たちが着いたときは午後6時、3回目の子どもたちが授業中でした。持参した文房具の絶対数が足りませんので小学1年生330人分だけプレゼントすることにしました。どのクラスでも、満面の笑みで私たちを迎えてくれます。

 翌日は、雪の山脈を越えてオーヤンガ村へ向かいました。ここでは、全校生徒に配ったら文房具が足りなくなるので、1~2年生のみ170人分の文房具をプレゼントしました。
 この村は人口3,000人、高原地帯にポツンとある集落で、どうやってここで生活できるのだろうと不思議になるくらい周囲数十キロには何もありません。しかし、各家にはテレビ〔衛星受信〕とDVDプレーヤーが必ずあり普及率は100%です。何か奇妙な感じです。

kodomotachi3.jpg 翌日は、隣の村のオルホニウンダラ小学校を訪ねました。この小学校には1260人 の子どもが通っています。残りの文房具をすべて寄贈しました。数が全然足りませんので、バトバヤル学校長は「テストの成績の良かった子どもに優秀賞として、このノートと鉛筆を贈ります」と言っておりました。

 どの小学校も、学校長はじめ先生・生徒たちの温かい歓迎を受けました。ウランバートルから離れた田舎の小学校では、貧しい家庭の子どもが多く、学用品が満足に買えない子どもたちが多くいます。
 しかし、同じ教室で、水性ペンにシャープペンシルを使っている子どもも多く居ます。小中学校は義務教育で授業料は無料で、就学率は98パーセント近くありますので、裕福な子どもと経済的に苦しい 家庭の子どもが混在して授業を受けている状況です。

 先生たちは、こうやって日本から貧しい家庭のこどもたちに文房具を提供し応援してくれることは本当にありがたいことです。また恵まれた家庭の子どもたちも、愛善会の皆さんが「勉強がんばって立派な人になってください」と励ましてくださるることによって、もっと勉強を励むでしょう。と感謝をしてくれました。

ippai.jpg どの小学校に行っても学校長や村長が、「我が家に来て食事をしていけ」と誘われます。一旦立ち寄ったら、お肉と小龍包が山ほど出てきて、ウオッカを飲め飲めとやたら勧められます。

soryoyosei.jpg 帰りに、ハラホリンのエルデネズー寺院に立ち寄り、バーサンスレン管長に挨拶しました。この若き管長は、自らの手で僧侶養成の小学校を建築中です。

 この小学校は、国が定める義務教育教習も行いながら併せて僧侶としての修行も行う学校です。近隣の村や県の孤児たちを引き取り、ここで学習と修行をさせ、立派な 僧侶を養成するのだそうです。いわば児童養護施設の役割をしています。

soryotachi.jpgバーサンスレン管長と僧侶のたまご達/右端・筆者生徒数 は40名、全寮制で、あと数ヶ月で完成する予定です。ここを見学後、午後11時頃、ウランバートルに帰りました。

 風邪による喉の痛みはなかなかとれませんが、元気でやっております。


ページの先頭へ

LinkIcon前のページへ


|1|2|3|4|5|